日本販売促進協会

日本販売促進協会の資格

イベント情報

2022年1月22日(土)
JMCグループオンライン全国大会・交流会
2022年予定
【予告】販売促進スキルアップ研修
販売促進プロデューサー
オンライン試験で資格を取得!

2021年11月7日(日)の一斉試験がご自宅から受験できます!

2022年上期一斉試験は、2022年6月12日(日)に実施いたします。

販売促進学

研修・試験日程

テキストにつきましては、申し込みページにご案内がございます。

日本販売促進協会の資格と教科

◎販売促進協会の資格

日本販売促進協会では「販売促進プランナー」「販売促進プロデューサー」「プロモーションコーディネーター」の3資格を認定しています。

販売促進の資格は、経済産業省認可のセールスレップ・販路コーディネータ協同組合(経済産業省認可・関産認協1875号)と連携し、運営されている資格検定制度です。

初級レベルは「販売促進プランナー」、中級レベルは「販売促進プロデューサー」、上級レベルは「プロモーションコーディネーター」と3段階に分かれています。

級(レベル) カリキュラム内容

【初級】

販売促進プランナー

【販売促進担当者】

・広報、広告宣伝を含む広義の販売促進担当者の基礎知識、必要なスキル 基本的な販売促進業務として、マーケティング、商品企画・開発、販売戦略等の視点から、消費者・顧客との様々なコミュニケーションの手法(広告、広報など)や、市場調査の手法、分析、広報、メディアツールの基本を身につけ、広義の販売促進における、ものの見方、捉え方、考え方を身につけることを目指します。

【中級】

販売促進プロデューサー

【中堅幹部クラス】

・販売促進の応用知識、商品・企画開発、営業企画、コミュニケーション、プレゼンテーション、経営、マーケティングの基礎知識 最近の市場の変化を取り入れた、消費者・ユーザーの購買心理・行動を理論的に学び、「商品、販売、販売促進」を一貫した知識として習得し、業務に活かすことを目指します。

【上級】

プロモーションコーディネーター

【幹部クラス】

  • ・販売促進、市場、環境分析等に関する高度かつ専門的な知識
  • ・ブランド、価格戦略、販売促進マネジメント
  • ・店頭マーケティング、ISM
  • ・情報システムとWEB活用
  • ・IT経営、営業事業評価などの実践知識
  • ・営業戦略立案と実行、コーディネート手法の知識
  • ・事例研究

マネジメント、マーケティングに関する高度な専門知識を学びます。

◎日本販売促進協会では、当会が開発した文部科学省「専修学校教育重点支援プラン」のプログラムを採用しています。これまで専門学校、公的支援機関などとの連携により、「販売促進カ向上プログラム」を開発した実績に支えられたカリキュラムです。日本販売促進協会はこのカリキュラムを、長年の間、ブラッシュアップしながら、提供しています。 

広告代理店の視点ではない販促担当者の資格

停滞するマスメディアからの脱却と3つの戦略

販促担当者にとって、イベント、プロモーションやマスメディア、SPメディアなどの知識は必要不可欠ですが、実際、必要なのは「商・販・販促」の知識です。

「商・販・販促」とは、「商品開発」、「販売営業」、「販売促進」(広報、広告宣伝を含む広義の意味)のことです。

事業開発や商品企画あるいは商品開発の知識とマーチャンダイジング品揃えの知識に加えて製造事業者(メーカー)の営業及び流通の販売ということを理解することがより重要です。

プロモーションやメディアは、あくまでツールです。それをどう使いこなすかは、きちんとしたマネジメント、マーケティング、事業開発や、その企業の商品企画・開発、営業戦略の知識なしでは、真の販売促進を理解できません。

これまでのマスメディアを中心にした広告も、インターネットメディアなどに徐々に変化しつつあります。

これまで大手の広告代理店が中心にしていたマスメディアは大きな変革を迫られています。

当協会の資格制度は、広告代理店を中心にしたマスメディアやSPメディア知識習得とは大きく異なり、今後の販促担当者が押さえておくべき、商品戦略、販売戦略、販促戦略の専門知識を身に付けた人材育成のための認定制度です。

テキスト

お知らせ

新着情報

2021年7月1日
ラベル新聞にJMCグループ会長小塩稲之が取材を受け記事が掲載されました。
2021年5月22日
「知っておきたい近代レンガ遺産」日経新聞「NIKKEIプラス1何でもランキング」に協力しました。
2019年4月25日
日本経済新聞朝刊の「交遊抄」に協会会長の小塩稲之のコラムが掲載されました。
2019年3月20日
フジサンケイビジネスアイに「営業職新入社員向け研修」記事が掲載されました。
  • 最上級ライセンス「マネジメントマーケティングコーディネーター」カリキュラムが更新されました
  • 株式会社電通、ニフティ株式会社と売れるもの作り支援事業で連携
  • 法人向け商品プランナー研修が新聞で紹介されました
  • 連載(小塩稲之):マネジメントマーケティングを紹介する記事が日本ビジネスプレスで掲載されました。
  • http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39057(第6回目)
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39226(第7回目)
    サイト内の小塩稲之プロフィールから全文閲覧できます。

    日本販売促進協会からの重要なお知らせ

    新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた取り組みについて
    事務所の受付対応時間を短縮するなどの取り組みを行っています。詳しくは上記よりご確認ください。

    4月5日から振込先の名称が「ジャパンネット銀行」→「PayPay銀行」となります。

    メーカー企業、サービス企業を中心にあらゆる企業・サービスの販売促進が対象

    本販売促進研修カリキュラムは、大手、中小企業を問わず、長年親しまれてきた研修制度です。

    その特徴は、短期間に営業人材のスキルアップを目指される企業や、職業訓練校、専門学校等に採用されています。

    新刊情報

    学校認定校制度

    学校認定校制度

    販売促進プランナー認定

    当協会認定の教育課程を履修し単位修得した者に、学校の申請に基づき資格認定証を授与

    詳しくはこちらから>>

    資格の活用と支援

    当協会は、セミナー、講演会、勉強会などの研修  営業力強化、販売力強化、展示会活用力強化、マーケティング力強化、販売戦略立案、商品開発力強化など、中小企業様の「売れるものづくり仕組みづくり」実現のためのセミナー、講演会、また勉強会のため、当協会の認定講師を派遣し、実践に基づく実務的な内容として評価いただいております。