日本販売促進士会が認定する販売促進士資格は、広告、広報、販促企画、営業企画、商品企画、商品開発、販売チャネル戦略構築で活躍する、専門家資格です。
jsp日本販売促進士会
TOP   無料メールマガジン登録   認定研修・試験日程   プレス  
販売促進士とは 販売促進士になるには 販売促進士スキルアップセミナー 協会について
販売促進士とは
マネジメントマーケティングの考え方
一斉試験で資格取得する
研修と小試験で資格取得する
販売促進企画スキルアップ
MMPリーダー研修
協会案内
学校連携・企業研修
jsp日本販売促進士会

販売促進士資格認定制度
販売促進士とは
資格のご質問(FAQ)
公式テキスト
過去の試験問題より
特例措置
試験日程一覧

研修(小試験)で資格を取得する
販売促進士3級認定研修

試験で資格を取得する
販売促進士3級認定試験
販売促進士2級認定試験
販売促進士1級認定研修試験 
マネジメントマーケティング・
コーディネーター認定試験
MMコーディネーターとは
MMコーディネーター資格認定
講座・セミナー・研究会・交流会
イベント一覧
マネジメントマーケティング研究会
賀詞交歓会
MMPリーダー研修
MMPリーダー研修通信講座
認定講師講習会
MMP総研

協会のご案内
協会活動のご案内
理事長挨拶
認定講師紹介
認定講師講演セミナー派遣
活動と沿革
学校連携・企業研修
組織体制
交通アクセス
プライバシーについて

資格の更新
資格の登録と更新
資格の記載方法
JMC認定マークの活用

プレス
ニュース/プレス新着情報
無料メールマガジン登録

日本販路コーディネータ協会
セールスレップ・販路コーディネータ協同組合
■販売促進士3級 資格認定研修プログラム 実施要項

 

 

研修及び試験内容は、試験内容は、販売促進、マーケティング、商品政策、チャネル戦略、営業戦略、コミュニケーション、プレゼンテーション等の科目が重視されます。主な科目は、マネジメント及びマーケティングを基本として、戦略に基づく各種の計画、商品、販売、販売促進・プロモーション戦略、戦略シートの活用、商品企画及び商品開発等に関する選択からなる試験です。問題の出題と採点は、すべて「公式テキスト」に準拠し行われます。

企業人事部の方へ
 一般企業内においては、事業戦略、広報、広告、販売促進戦略、商品開発戦略、営業戦略などに精通した人材の育成、ビジネスリーダーの育成が求められています。協会の販売促進士研修は、新入社員から中高年幹部、経営者の方まで、本資格を取得して企業内における新たな事業化を推進しています。

 販促担当者にとって、PRや広告、イベント、プロモーションやマスメディア、SPメディアなどの知識は必要不可欠ですが、実際、広告代理店や印刷会社の方が必要な知識は、クライアント側に立った「商・販・販促」の知識なのです。「商・販・販促」とは、「商品開発」、「販売」、「販売促進」のことです。
  
 つまり、事業開発や商品企画あるいは商品開発の知識とマーチャンダイジング品揃えの知識に加えて製造事業者(メーカー)の営業及び流通の販売ということを理解することがより重要です。プロモーションやメディアはあくまでツールです。
 それをどう使いこなすかは、きちんとした事業開発やその企業の商品企画あるいは商品開発、営業戦略の知識なしでは、クライアントの要望を理解できないということになります。

 プロモーションやメディアは、あくまでツールです。それをどう使いこなすかは、きちんとした事業開発やその企業の商品企画あるいは商品開発、営業戦略の知識なしでは、クライアントの要望を理解できないということになります。 
それが、広告代理店の方や販促担当者が押さえておくべきことです。

 そのためには、商品企画や商品開発の知識がとても大切になります。「商品開発」、「販売」、「販売促進」における事業を理解、習得し、調査、マーケティング、販売促進、販売チャネル戦略などの策定から実行まで「市場からの視点」を重視しし、マーケティング、商品戦略、販売戦略、販売促進戦略の助言・指導をおこなうことができる知識とスキルを要件にカリキュラム展開を図っています。

受講要領

受講資格
学歴、年齢、性別、国籍等、受験に際しての制限はありません。

販売促進士3級資格基準
マーケティング・コーディネータとして、主に商品戦略、販売戦略、販売促進戦略の基礎的な知識と技術を身に付けている者(学生可)。

資格認定研修プログラム
資格認定研修プログラムは、当協会の認定する研修と資格認定小試験により、各級の資格認定を行うものです。
研修により理解を深められたい方、学習時間が限られている方などのために設定されております。
研修は、公式テキスト(本年度版)、および販売促進士用語集に基づき実施いたしますので、事前に別途ご購入の上、ご持参ください。
研修修了後、資格認定小試験を実施いたします(選択式)。資格認定小試験は、公式テキスト(本年度版)、および販売促進士用語集より出題されます。事例問題集もございます。

協会の指定する有資格者の販売促進士3級小試験免除特例措置

当協会の指定する有資格者は、販売促進士3級資格認定研修プログラムにおける小試験免除特例措置があります。
特例措置のご案内はこちら

提携機関、団体受験の特例措置
当協会では、学校教育、企業教育、団体教育での資格導入サポートの一環として、当協会と提携していただいた提携団体について、特例措置を設けております。
特例措置のご案内はこちら

・学習テーマ
・学習キーワード
1.販売促進の活動 販売促進の活動
販売促進士の位置付け
販売促進士の基本業務
販売促進の活動
マーケティング・ミックス
プロモーションミックス
「販売促進」「プロモーション」「PR」「広報」「広告」
メディアとイベント
2.マーケティングの基礎 マーケティングの基本
顧客志向マーケティング
マーケティング環境
マーケティング・プロセス
マーケティング環境分析
外部環境分析、3C分析、SWOT分析
市場の理解
市場の捉え方、セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング
シーン
ベネフィット
3.商品政策 商品開発モノづくりとコトづくり
「モノ」と「コト」の違い  
ニーズ・ウォンツ  
商品開発・商品企画のアイデアとマーケティング  
デザイン先行型商品企画 
新商品開発の基本 
商品開発の目標  
新商品開発の準備
4.流通チャネル概論とチャネル戦略 流通チャネル概論
流通の役割、情報流通、流通経路(流通チャネル)、流通経路政策、流通支配、流通経路の系列化、ディーラーヘルプス、チャネルミックス、流通革命、小売業の流通の役割、業種と業態、インターネット販売
主要カテゴリー別製品群の販売チャネル
食品関係(主に加工食品)、衣料品関係、日用雑貨関係(家庭雑貨)、業務用食品(主に加工食品)、設備・什器・備品関係、部品・半製品関係、素材関係、業務用ソフトウェア関係
既存チャネルの見直しと新規チャネル
既存チャネルの見直し、販売チャネル政策を見直すときのポイント、販売チャネル政策を見直すチャンス、新規チャネルの開拓
5.事例研究 事例研究
マーケティングの応用事例
ペルソナとコンジョイント分析
6.コミュニケーションの基礎 コミュニケーションの基礎
コミュニケーションの概念
コミュニケーションの技術
交渉力
7.プレゼンテーションの基礎 プレゼンテーションの基礎
プレゼンテーションの内容
プレゼンテーターとしての留意点
8.マネジメントマーケティングの基礎 マネジメントマーケティングの基礎
マネジメントマーケティング戦略
マネジメントマーケティング戦略会議(MMC)、MM戦略会議の8つのステップ、MM戦略会議におけるビジネス実行支援事例、MM戦略会議のメンバー参画の事例、MM戦略会議の展開事例、MM戦略会議リーダーの基礎知識、MM戦略シート、MM戦略会議実践研修(MMP)

資格認定小試験合格基準
合計点が満点の60%以上。

受講料(小試験含む)
・20,000円(税込21,600円)

※研修受講料および資格認定小試験受験料を含む
※研修テキスト(販売促進士3級公式テキスト(本年度版)、販売促進士用語集)は別途ご購入の上、ご持参ください。
※お申込みと同時に受講料をお支払いください。振込料はご負担ください。
お申込み日より7日以内にご入金いただけない場合は、受講をお断りする場合もございます。
※〔JMC研修専用口座〕 ジャパンネット銀行 すずめ支店(普通)1095841 社団法人日本販売促進士協会
※研修料とテキスト代は、合算でお振り込みいただけます。

申込方法
・各研修専用お申込みフォームより受け付けております。
・お申込みフォームに必要事項をご記入の上、送信していただいた後、お申込み内容の控えと受講料ご入金先口座等を記載したご案内メールを自動配信させていただきます。
・ご入金の確認が出来ましたら、電子メールにてご連絡いたします。
・テキスト類をお申込みいただいた方には、お申込みいただきましたご住所へテキストを送付させていただきます。
・上記、未着などのお問い合せ期間にお問い合わせなく受験が出来なかった場合、ご了承のうえご容赦ください。

特定商取引法に関する表示はこちら


研修スケジュール(申込受付)
先着順、定員となりましたら締め切らせていただきます。

2019年3月 東京会場
研修及び資格認定小試験実施日

2019年3月16日(土)10:00〜17:00

お申込み期限

2018年11月1日〜2019年2月末日(先着順、定員となりましたら締め切り)

会場住所

東京都北区東田端一丁目4-8 中央工学校附属日本語学校(予定)

お申込みフォーム 受付フォーム
 
販売促進士3級

販売促進士3級公式テキスト

価格
5,200円(税込5,616円)

ご注文
お申込みはこちらから
※販売促進士3級公式テキストのみの販売はいたしておりません。
※販売促進士3級研修申請の方はテキストご購入と同時に研修にお申込みください。

販売促進士用語集
キーワードや単語などが分かりやすく解説されています。
価格
1,800円(税込1,944円)

ご注文
お申込みはこちらから
※販売促進士用語集のみの販売はいたしておりません。

※販売促進士3級研修申請の方はテキストご購入と同時に研修または試験にお申込みください。

販売促進士3級公式事例問題集

価格
・1,500円(税込1,620円) 
 
ご注文
お申し込みはこちらから
※販売促進士3級公式事例問題集のみの販売はいたしておりません。
※販売促進士3級研修申請の方はテキストご購入と同時に研修または試験にお申込みください。


当日の携帯品
販売促進士3級公式テキスト
販売促進士用語集など
筆記用具
腕時計(携帯電話の利用不可)
身分証明書
計算問題用の電卓(携帯電話、パソコン等は不可)

合格発表・通知
結果のお知らせは、合否のみの通知となります。

試験合格後の手続き
販売促進士資格は、登録制となっております。研修後の小試験に合格された後、資格登録手続きを完了いただくことで、資格が認定されます。試験合格後、住民票抄本(本人のみ)3ヶ月以内、 資格登録申請書のご提出と資格登録料23,760円〈税込)(初回資格登録料10,800円、年間登録料12,960円)のお支払いにより、販売促進士3級資格認定証を発行いたします。
※資格を昇級された場合、資格登録料および年間登録料を新たに重複して頂戴することはございません。
※次年度以降は、年間登録料12,960円〈税込)のみで登録更新されます。
※登録期間途中で登録解除される場合、ご返金はいたしません。

ご注意
会場の詳細は、電子メールにてお知らせします。会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。
開始時間の5分前には必ずご着席ください。
お申し込みに際しては、実施要項をよくお読みください。
当日、遅刻の取り扱いや不正行為における対応、また問題・解答用紙等の持出し等禁止事項については、協会の規定に順じます。
本実施内容は、不正競争防止法等によって保護されています。(社)日本販売促進士協会の書面による承諾の明示がない限り、一部またはすべてを開示・複製すること、それを掲載・発行することはできません。
一旦納入いただいた受験料および受講料は返金いたしません。ただし実施日の7日前までに電子メールにて事務局宛(support@hanro.jp)にキャンセル連絡をいただいた場合に限り、1回のみ日程変更のご対応をいたします。
本研修の最小催行人数は3名です。最小催行人数に達しない場合は別日程への変更もしくはご返金にてご対応申し上げます。


<お問い合わせ先>
日本販売促進士会本部/(社)日本販路コーディネータ協会
〒115-0055 東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階
Eメール info@jsp.or.jp(代表)

 

   
Copyright(c)JMC. All Right Reserved.